ホーム

歩み


みなみの香草屋 歩み

最初は一冊の書籍から

○ ハーブの持つ魅力に興味を持ちハーブとアロマの専門店を開業

1985年(昭和60年)、当時、ハーブに関する書籍は少なく、
「香りの花束、ハーブのある暮らしから(広田靚子(せいこ)著)」という書籍を読み、実際に数社のハーブ種子を取り寄せ、栽培を始める。

ハーブの持つ魅力に興味を持ち、税理士事務所を退職、

  • 1987年(昭和62年)12月、
    秋田で初めてのハーブとアロマの専門店、「みなみの香草屋」を開業する。

○ ラベンダー畑を開園

ハーブとアロマのショップを経営する傍ら、ハーブを自ら試験栽培し、
特に、ラベンダーとローズマリーに魅了され、ハーブの魅力にとりつかれ、

  • 1988年(昭和63年)05月、秋田で初めて、
    自社農場にて「ハーブ畑とラベンダー畑」を開園
  • 2003年(平成15年)05月、
    みなみのラベンダー畑」を開園する。

○ 秋田アロマテラピースクールを開講

フィトテラピー(植物療法)やフィトエステティックでは、日本での先駆者である恩師の「末富 仁」氏のもとで、
1989年〜2010年の間、それらの理論と実践のための技術を学び、

  • 1997年(平成09年)06月、
    秋田で初めてのアロマテラピー専門スクール、「秋田アロマテラピースクール」を開講する
  • 1999年(平成11年)05月、
    フィトテラピースクール」を開講。

スクールにて、

  • アロマテラピー講座、
  • フィトテラピー(植物療法)講座、
  • フィトエステティック講座などを担当する。

○ フィトエステティックを実践するためのサロンを開設

恩師「末富 仁」氏の考え方を実践するため、

  • 2001年(平成13年)10月、
    フィトエステティックサロン「リフレッグ香音(かおん)」を開設する。

○ みなみの香草屋、秋田アロマテラピースクールの活動

  • みなみの香草屋セミナー履歴(公開予定)
  • 企業、市町村関係機関の依頼を受け、セミナー実施中
  • 1996年(平成08年)さきがけカルチャースクールの「ハーブ&クラフト」
  • 1997年(平成09年)さきがけカルチャースクールの「アロマテラピー&メデイカルハーブ」
  • 1997年(平成09年)秋田アロマテラピースクールを開講
  • 1997年(平成09年)日本アロマコーディネーター協会 認定校(2015.12月 退会)
  • 1998年(平成10年)国際植物療法協会 認定校
  • 1999年(平成11年)フィトテラピースクールを開講
  • 2000年(平成12年)10月、あきた社会保険センターの「ハーブの楽しみ方」講座
  • 2001年(平成13年)07月、ナード・アロマテラピー協会 アドバイザー資格認定校
  • 2003年(平成15年)10月、ナード・アロマテラピー協会 インストラクター資格認定校
  • 日本でエステティック理論を発表された「末富仁」氏に師事し、
    1989年 から 2010年の間、フィトテラピー(植物療法)・フィトエステティックの理論と技術を学ぶ。
  • ナード・アロマテラピー協会主催の「ナード・アロマテラピーセミナー」に、
    1998年 から 2019年(2020年コロナ禍で中止)の間、毎年、アロマテラピーの最新情報を学ぶ。

○ インターネットスクールを開講

本校出身の卒業生と共に、

  • 2021年(令和03年)01月、
    インターネットによる「Webスクール」を開講する。

○ 業務内容

  • 自社農場で、ハーブの生産、出荷
  • ショップでのハーブ関連商品の販売
  • 秋田アロマテラピースクールでの講座開講
  • サロンでのトリートメント
  • ショップやサロンへの商品の供給(卸し)、アドバイス
  • アロマテラピーやフィトテラピーに関するデータベースを構築
  • 植物療法の基本用材として、
    バイオラブ(日本)、ドイツのヴェレダ社、フランスのプロフィダイエット社、
    ベルギーのプラナロム社、フランスのモーリスメッセゲ社の
    ハーブ、エッセンシャルオイル、化粧品などを取り扱う。

20110304_123803 西洋オトギリ草
20110304_123804 西洋ノコギリ草