みなみの香草屋
フィトテラピーとは
Menu
ホーム.........................
+ フィトテラピー........
+ 概要
- 個体差
- 人体
- ハーブ
- アロマ
- フラワー
- 栄養
- エステ
- その他
基本用材.....................
データベース..............
プロダクツ..................
スクール.....................
インフォメーション....
コミュニケーション....
ショッピング..............

お問い合わせ先
みなみの香草屋
TEL:018-833-8907
FAX:018-833-8907

著作権について
To BBS
To リフレッグ香音

1 + アウトライン / フィトテラピーとは / 歴史 / 沿革と現状 

エキナセア
西洋ノコギリ草
ジキタリス
ウイキョウ
植物療法とは、アロマテラピー(精油)ハーバリズム(ハーブ)が互いに補完して、病気や身体の不調、皮膚の障害等に植物性薬理作用物質を応用して手当をする学問です。

植物療法には、強力な薬理作用植物のジキタリスやベラドンナのような強力なものからカミルレ、ミントのような緩和作用植物まで含まれますが、強力な薬理作用植物を使用するのは、医師又は医学的知識と経験をもつ植物療法士のみに限られます。

ジキタリス等の強い毒性をもった植物を除く、長期に使用しても副作用の少ない緩和な薬理作用植物、例えば西洋サンザシやウイキョウ、カミルレ等を使用して、身体の不調や皮膚障害の改善のため、内面の原因改善や外面の対症的手当をする学問です。

植物療法(生物学的経験医学)は、古代エジプトの祈祷医師である、イムヘテブ(BC2980)の薬草療法に始まり、同時代の中国やインドの古典医学等の考察により、ギリシヤの医師ヒポクラテスの約200種の薬草による医療となり、その後植物療法の体系を最初に発表したクラウディス・ガレノス(DC131〜200)に至ります。

パラケルススを経て、尼僧院長で、中世のすばらしい本草書の著者、ビンゲンのヒルデガルドを経て、現代に伝えられた経験医学です。

この薬草療法を科学の中にとり入れたのが、フランスの医師アンリ・ルクレール(ヘンリ・レクリック)(1870〜1955)で、薬草療法から植物療法へと著しく成長し、植物療法という学問となったのです。

ヨーロッパにおいては疾病に対して「先ず第一に言葉、次に植物性薬剤、次に作用の強い化学合成療法剤を、そして最後にメス」という言葉があります。

植物療法は予防療法であり、植物成分が本来、人間の身体に備わっている恒常性と自然治癒能に働きかけ、疾病の予防、保護、手当をする療法です。

日本における植物療法(フィトテラピー)の先駆者の一人、末富仁氏の体験談
1997年(平成9年)2月22日に行われた、植物療法学会特別講演の資料を参考