みなみの香草屋
フィトテラピーとは
Menu
ホーム.........................
+ フィトテラピー........
+ 概要
- 個体差
- 人体
- ハーブ
- アロマ
- フラワー
- 栄養
- エステ
- その他
基本用材.....................
データベース..............
プロダクツ..................
スクール.....................
インフォメーション....
コミュニケーション....
ショッピング..............

お問い合わせ先
みなみの香草屋
TEL:018-833-8907
FAX:018-833-8907

著作権について
To BBS
To リフレッグ香音
1 アウトライン / フィトテラピーとは / + 歴史 / 沿革と現状 
2 概要 / + 古代 / エジプト・ギリシャ・ローマ / 中世・近代 / 現代
歴史 古代

植物療法を理解するために


BC8万年
ホモサピエンス、人類が地球上に出現、狩猟採集時代

BC2万年
ヨーロッパ、火の使用(暖をとるため)

BC8000年
ハーブの利用エジプトに始まり、メソポタミア・地中海東部・
ペルシャ・アルメニアに広がりその後ギリシャ・ヨーロッパ全域に、
その後イギリスに広がる
最後の氷河期の終わり

BC7000年
トルコ、チャタルヒューク、人類初の住居
小麦栽培

BC4000年
メソポタミアの都市国家、バビロニアの王は
医者に薬用植物の栽培を命じ、
数多くの処方と球果植物からのエッセンスを調整

BC3500年
エジプト、化粧品や香水を作り始める

BC3000年
エジプトは、植物から精油を蒸留することを知らず、
油による浸出油(アニス、シダーウッド、オニオン、
ガーリック、クミン、コリアンダー、ヒマシ油、ブドウ)
インドにてアーユルヴェーダ(伝承医学)始まる