みなみの香草屋
ハーバリズムについて
ハーバリズムとは


伝統医学の中心がハーブです。

ヒポクラテスに始まり、中世ギリシャの医師ガレノスの人間の気質、体質を血液・粘液・黒胆汁・黄胆汁と4つの体液説を説き、ハーブを熱・冷、乾・湿という性質によって体系化したものです。

イスラム諸国やインドでは、今でもガレノス理論が主です。

ガレノスのハーブ分類は18世紀まで続きました。

19世紀末より、ハーブの化学的な解明が進み、現在の植物療法となりました。

ハーバリズムとは、ハーブの研究と医療に、ハーブの効用・効果を研究する学問です。

ハーブの品質の良否の研究、その植物の自然環境にもっとも近い条件・品種・土壌・気候・採取時の気象条件・採取後の処理から始まります。

内用のための抽出方法、内用法、外用のための抽出法、外用の種類と方法、ハーブの効用効果と、単品によるもの、ブレンドによる相乗・拮抗作用、ハーブの種類、組成成分による薬理作用などもその範疇に入ります。
バジル
バジル Ocimum basilicum