みなみの香草屋
フィトエステティックについて
フィトエステティックとは


エステティックとは、フランス語で「美学、審美、恥美、美意識」などという意味です。

西暦1750年、ドイツの美学者(哲学者)アレキサンダー・ゴッドリーブ、バウムガルデンにより「美とは人の心に満足や快感を与えるもの」と定義づけられました。

エステティックでは、全身的かつ積極的な美容の管理であり、人の美とは、身体の特定部分のみの美ではなく、全体の調和と美しさを創造するものです。

美しくありたいと思う人間の美の追求に対応するもので、従来の美顔術と呼ばれる表面的な手入れ、粉飾りとは異なります。

肉体の一部である皮膚を対象にするのではなく、生理作用と栄養素、心身相関作用などの多面的考察により、皮膚の手入れ管理をするものです。

植物細胞組織抽出物を原料とした用材を利用して、内面的な健康と、外面的な美しさと調和のため行う、全身性の積極的な管理を「フィトエステティック」といいます。

植物療法(フィトテラピー)という概念に、フィトエステティックは含まれていますが、トータルビューティーキュアの概念を「美学」とすれば、まさにフィトエステティックは、植物療法(フィトテラピー)そのものの概念となります。
植物療法(フィトテラピー)全般については、下記のブログでもご紹介しています。


みなみの香草屋 Blog

マリーゴルド

マリーゴルド